10月




------------------------------------------------------------

小倉 涌個展 Yow Ogura Solo Exhibiton
「マッカーサーの子供たち -八月革命-」

10月5日(金)〜 10月27日(土) オープン 13時〜20時

-------------------------------------------------------------






「TOKYO P.X.」 キャンバス100号 油彩/テンペラ混合技法





「13maidens' prayer」 Board ( 48X84cm)  油彩/テンペラ混合技法


小倉 涌展プレスリリース


[作家ステーツメント]

ー 歴史画 
かつて「歴史画」をその頂点にした「ジャンル」が美術においては存在していた。やがて第2次大戦以降
に徐々に美術のジャンルというものは廃れてゆき、コンテンポラリー・アートでの様々な表現が成立する
ようになってきた。そんな中で、現代史の「歴史画」をすることで、私はジャンルをまた持ち込むことに
なる。こうした事がアートにおいてどういう意味や意義を今後出現することになるのか、未だ私もよく分
かっていない。
私は、幼少期、親によくヨーロッパの美術館展に連れて行ってもらって、古典絵画に対する親しみをもっ
てきた。そして独学で2006年からテンペラ油彩の混合によるオーソドックスな画法を学んだ。
こうした技法の問題に加え、私は以前から政治思想史、社会学、法社会学,法哲学といった分野に関心を
持っており、本を読んだりレクチャーに通ったりしてきたが、その興味の方向性と絵画の技法とが併さっ
たところに、「歴史画」というものがあったのだった。


ー 八月革命とマッカーサー
今回、マッカーサーと昭和天皇らを、私はいたいけな美少年の姿で表している。この子らは、市民の熱狂
と祈りとを、小さな体に一身に背負っている…。
かつて占領時代、マッカーサー宛に推定約50万通の手紙が日本人から送られたという。実に当時の人口の
130人に1人が手紙を送った計算となる。その多数がマッカーサーに好意的であり、神格化した肖像画を
描いて贈った者も少なくなかったという。そうした、日本人の祈りの欲望の対象としての天皇とマッカー
サーの像を、現代風の・現代の日本人が欲望する、美少年の姿に表現した。そして、祈りや熱狂の裏腹に
「忘却」というものがあるのだ。少女・美少年像は、祈りやあるいは天皇主義において見られる、自らの
欠損を埋める「少女趣味」によるものである。
そして私は昭和テイストに頼らず、ノスタルジーによらない表現を目指した。

八月革命とは、憲法学者・宮沢俊義や政治学者・丸山眞男らの学説で、ポツダム宣言受託により新憲法で
は、明治憲法での「根本規範」が改変された事で、「法的には革命と解すべき」とするものである。
今回、戦後日本の「占領統治」をより前面にした作品を目指した。


[作家略歴]

京都精華大学美術学部卒業
現在、大阪府在住

1999 年 さかいでアートグランプリ(審査員針生一郎他)出品 グランプリ受賞(香川)
2010年11月 個展『マッカーサーの子供たち』 GALLERY b.TOKYO/東京
2011年  8月 個展『マッカーサーの子供たち』 Oギャラリーeyes/大阪

1995 年から 2002 年までグループ展多数







Previous page: 6月
Next page: December